Round Table feat. Ninoを聴いてみよう!渋谷系と萌え系の初コンタクト!

ポップミュージックフリーク(特に僕のように渋谷系で頭やられちゃったひとたち)の中で花澤香菜「claire」ショックが起こったことも記憶に新しいかと存じます。なにこの作曲陣? なにこの曲? のオンパレードで、ギギギとなった方も多かったかと。僕もそのうちのひとりでした。(元)妻とかもそうでしたもん。「花澤香菜なのにものすごくいい!くやしい!」ってなってました。今までアイドルのような曲調が主だったものがいきなり渋谷系ですもんね。そらビックリするわ。カジっさんいるし。他のアルバムではシューゲイザーまでやらかしてますからね。どこに行きたいんだこれ。

萌え系の声と渋谷系(つっても広いですが)の親和性の高さはここで確立された感があります。そのへんのあれこれは

に詳しいので他の記事とかも読めばいいと思います。渋谷系特集はマジ必見なんで。

でもその前にポスト渋谷系だった「Round Table」が「Round Table feat. Nino」として渋谷系との融合を示していることをみなさんに知ってほしい! もしかしたらとっくに誰かが書いてるかもしれないですが僕が書きたい! そんな理由でお送りいたします。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Round Table feat. Nino聴くならこの一曲!

うっうーうっうーえーですよね。やはり。

正直、Round Tableにはピンとこなかった…

最初、Round Tableを聴いたときは所属レーベルのコンピレーションだったと思います。その時は「なんかシンバルズとピチカート足して薄めたのが出てきたなあ」ぐらいにしか思っていなくて、そのアルバムを10枚程度売っただけでそれ以後は追わずにまったく興味がなかったのです。なにがいけなかったのかはわかりませんが、ピンとこなかったんですよね。僕らのような音楽大好きっこはだいたいそこで追うのをやめてしまう習性があります。名前だけが奥底に残っており、なんかいい曲! と思ったときにそれが蘇ってまた追うみたいな。Round Tableはまさに僕にとってそんな感じでした。たまにPVみたりとかもしたのですが、決定打がなく、名前と最初の印象だけがうろうろと脳みそを漂っていたという。

その何年後かは忘れてしまいましたが、どこかで「Round Table feat. Nino」ってのがものすごくいいらしいと聞き、アルバムを聴いてみたところ、来ましたね、一発目に決定打が。それがうっうーうっうーえーの「Let me be with you」だったのです。あとでアニメのOPだったことを知り、えええー?!となったのも記憶に残ってますが、この手の声とRound Tableの音の親和性が一番印象に残っています。あー、こういう作り方があるんだという発見。すごく気に入ってしまいそして今に至るという感じです。

Round Table feat. Nino聴くならこの一枚!

一枚目もいいですがベスト出てるならそれがよかろうもん!

今回の反省と次回の展望

とここまでぶちまけてしまったのですが、初でよかったのかしらん。もしかしたらその前に渋谷系アーティストと萌え系の誘導がどっかで行われていたのかもしれませんが、僕はそれを知りません。もし、知ってたら教えてください。興味がかなりあるので。

全盛期ほどではないですが、勢いがあるので今日は20てんあげたいです。みなさんは知りませんが、これは僕のリハビリにみなさんを検索で来たみなさんに付き合わせているのです。申し訳ない。もっともっときちんと書きたい。

次は世界で一番愛しているバンドにしようかとは思うのですが、そのバンドの再結成後を聴いていないのでなんか書けそうな気がしない…どうしよう… というわけで「Round Table feat. Ninoを聴いてみよう!渋谷系と萌え系の初コンタクト!」という記事でした。みんな音楽聴こうぜ!

スポンサーリンク
スポンサードリンク