青春パンクの定石!GOING STEADYを聴いて無駄に泣こう!

銀杏BOYZというパンクバンドがいます。それはもう見事な童貞力の高さと抒情性、そして初期衝動に溢れている素晴らしいバンドです。銀杏BOYZに関しては本文中で触れるとして、今回はその前身バンドとなったGOING STEADYを紹介したいと思います。いまだにファンも多く、「ゴイステのころのほうがよかった!」(後述しますが確かにそれは否めない部分ではあります)と支持されつづける伝説のバンドGOING STEADYを今また聴こう! つうエントリーです。あ、青春パンクっていう文字に違和感や嫌悪感があるかたは読まないほうがいいと思います。個人的にもどうかなーと思っている言葉でもありますし。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

GOING STEADY聴くならこの一曲!

いろいろ迷ったのですが、抒情性より勢いとか衝動! という感じでこの曲にしてみました。

GOING STEADYは青春パンクの金字塔!

何年代のことだか忘れましたが、いわゆる「青春パンク」というジャンルのバンドが雨後の筍のようにガンガン出てきていた時代がありました。電気グルーヴに対する宇宙犬(たとえが微妙か…)のようにこれも売れるんならこれも売れるんじゃろ! 的な勢いでバンバン出ては消え出ては消えしてましたね。GOING STEADYもその時代に出てきたバンドだったのですが、今も少し形を変えたものの、銀杏BOYZとして生き残っています。もしかしたらそうやって生き残ったバンドは僕が知らないだけで何バンドかいるのかもしれませんが、僕の知っている青春パンクの生き残りはGOING STEADYだけです。そして記憶に深く残っており、思い入れもあるのもGOING STEADYだけなのです。

GOING STEADYの抒情性とブルーハーツ

ブルーハーツというバンドがいました。このパンクロックバンドが長く支持されて今も聴かれている理由、それは物語性の高さ、つまるところ抒情性の高さなのではないかと僕は考えています。もちろん勢いもありましたし、メロディもよかった。でもヒロトやマーシーの書く歌詞にやられたひとのほうが多いのではないでしょうか。TOO MUCH PAINとか1000のバイオリン(1000のバイオリンは勢いもすごいし、かっこいい! そしてポップ!)とか。

GOING STEADYにもその物語性がありました。しかももっと形を文学青年(童貞)に特化したような形で。この一枚! でも紹介する「さくらの唄」なんかはそのもっともたるものではなかったでしょうか。メジャー一発目の「BOYS&GIRLS」にもそれは顕著に表れていましたが、こっちのほうが初期衝動というか勢いがすごすぎて抒情性が薄れているような気がします。その片鱗は充分に味わえるのですが。

「佳代」なんてもう物語性が爆発してますね。頭の中にぐるぐると映像が回りだす。そんな名曲なのです。カラオケで歌っただけで号泣していた女の子いましたからね。しかも歌っているのが僕という素人なのに。それぐらい爆発していますってことですよ。ってことで貼っときますね。

ちなみに銀杏BOYZにもそういう曲はたくさんありますが、僕は「ぽあだむ」に弱いです。これPVがものすごくやばい。どんな思い出のある女の子も「かつてはいい匂いがして優しくて天使みたいだった」と思わせるPVはないんじゃないでしょうか。

あかん… これずっと見とれん(泣くから)

GOING STEADY聴くならこの一枚!

青春時代」もやばいですがやはりこの一枚を!

今日の反省と次回の展望

どうでしたでしょうか。僕の中ではこのブログを書き始めて初めて「なんか書ききった!」感が強いです。洪くんのエントリーもけっこう書ききったと思うのですけど、みんな興味がないのか残念なことになっていますし、今回は52てん! あげたいと思います。

次回はどうしようかなあ。シューゲいっとこうかしらん。僕の柱ですし、いいかげんいいバンドも紹介したいところなので。

スポンサーリンク
スポンサードリンク