まるでジェットコースター!eelは高速で走るおもちゃ箱なエレポップ!

昨日ちょろっと触れた(というか説明を放棄してわかりにくい文章になってしまった)中田ヤスタカさんのcapsuleですが、ライバル心がありつつもやはり僕は好きなのですよ。perfumeとかきゃりーぱみゅぱみゅなどはあまりピンとこないのですけど。まあそういうわけでまたナカタカ絡みのアーティストのことを書こうと思います。今日は高速エレポップという突出した特徴をもった、おもちゃ箱をひっくりかえしたようなエレポップeelちゃんのことを紹介しようかと思います。このへんに似た音楽性でsonic corster popというバンドもいるのですが、eelちゃんのほうが泥臭いというか、人間味が感じられる感じがするので、ロック寄りなのかなと思って。socopoはちょっと機械寄りな感じがする…

あ、ちなみにcapsuleでは「プラスチックガール」と「Fashion Fashion」という二曲でeelが絡んでいるので、その二曲が好きなひとなんかは気に入るんじゃないかなと思います。特にプラスチックガールのほうは

スポンサーリンク
スポンサードリンク

eel聴くならこの一曲!

EeL「for common people」

名盤カンフーマスターあたりから欲しかったのですが、比較的新しいこれもeelらしさが出てるのでこれにしてみました。

ジェットコースター理論と広瀬香美とeelちゃん

どこかで広瀬香美さんが言っていたのですが、曲を作るときはジェットコースターをイメージして作っているそうです。あの上にかけあがるまでのドキドキ感。そして走り出したときの起伏とか盛り上がり、そしてフィニッシュ。とまあそんな感じのことを言っていたような気がします。この理論を勝手にジェットコースター理論として自分も肝に命じているのですが、eelちゃんの作る曲と言ったらそのジェットコースターがまるでおもちゃ箱で、その中身をぶちまけながら楽しく走っていくさまを感じるのです。よく「おもちゃ箱をひっくりかえしたようなポップさ」なんてポップがありますが、そんなもんじゃない。おもちゃ箱の中身をぶちまけて疾走するポップ。そう感じています。

eel聴くならこの一枚!

eelちゃんといえば名盤カンフーマスター! ってことでつい最近リファインされたこれを推します。

ここで視聴できるので安くなってることもありますし、気に入ったらぜひ!

今日の反省と次回の展望

なんでかわかりませんが、今、頭の中が真っ白なのです。本当はもう少し書きたかったことがあるはずなんですが、思い出せない。出てこない。そんな感じです。ということで点数もつけられず、次回の予告もなし。ごめんなさい。

スポンサーリンク
スポンサードリンク