さわやかポップの至宝!ベン・リーを聴こう!

ベンくんはわずか13歳でグランドロイヤル(ビースティーボーイズのレーベルですね)のマイク・Dに見いだされ、noise addictとしてデビューしました。そのnoise addictのアルバム「Meet the Real You」からもその片鱗を見せつけていましたが、ソロとしてベン・リー名義でデビューしてからも次々とポップアルバムを生み出していっています。どうなってんだこのひとの頭は。デビューして20年以上現役だし。なので僕が紹介するほどではないのでしょうが、好きなのと、いまいち日本では知名度が低いっぽいので紹介していきたい!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ベン・リー聴くならこの一曲!

幸せなPVでしあわせなポップなこれを。

ベン・リー聴くならこの一枚!

1,2枚目もすごくいいんですけど、成熟された完成度を持っているなと思わせるこれを。「Away With The Pixies」もフォーキーでおすすめ。

今日の反省と次回の展望

あれ? なんか足りなくない? となっていると思いますが、いつもなら書いているうだうだした説明文が今日はないのです。また頭がまっしろになっており、文章が出てこない。このままで2月末のカドカワのサイト発足に間に合うのでしょうか。だいぶ心配。

スポンサーリンク
スポンサードリンク