このサイトについて

スポンサーリンク
スポンサードリンク

はじめに

明日の友達も今日までの友達もハロー。安達テツヤです。どこかでこの名前をみかけたことがあるひとたちにまず、見つけてくれてありがとうを。そうです。うざいことに定評がある僕です。そしてはじめましての明日の友達に見てくれてありがとうを。

ご存知のひとはご存知のように、僕はフリーでウェブを作りつつ、物語を書きつつ、(いいかげん落ち着けと言われながらも)相変わらずごろごろと転がり続けてるわけですが、非常に情けないことに物語が全く書けなくなってしまいました。書けなきゃ書けないでいいじゃないかという意見もよくわかりますが、それでは僕は全くのポンコツで役に立たないヘゴイモ、かつ安定の穀潰しになってしまうのです。

唐突ですが、僕はひとの生活が好きです。街の明かりを見て、電車に乗るひとを見て、また個人の日々を綴るウェブサイトを見て、そのひとの生活を想像したりします。そこにはたくさんの物語があります。ひとりのひとの中にたくさんの物語がある、そう考えると無性にワクワクしたりしませんか? びっしり詰まった本棚よりも膨大な数の物語たち。

もしかしたら僕のようにそんな物語を読みたいひともいるかもしれない。そう考えるとすごく気持ちが楽になりました。ひたすら記していこう。テキストサイトの頃にやっていたような笑えるものでなく、かといって物語として練り上げたものではない文章を書こう。そう思ってこのサイトを立ち上げました。

というわけなので、懐かしいひとたちも新しい友達たちも、生ぬるく、人肌お布団でくるむように見守ってくださればと思います。

このサイトについて

このサイトは、いやこのブロッグは限りなく無色で透明な無職である安達テツヤの「なんとなくな感じで生きる」ことをつらつらと記述していくサイトです。物心ついたころから定評のある根なし草として活動してまいりましたので、シンプルかつローコストで愉快な生活(をしていたと本人はおもってますが)をおくりたいとお考えの方になにかヒントになるものを提供できれば、なんてことを夢見ながら書いています。

なにぶん脳みそがいまいち不自由なため、閲覧者さんの癪にさわる場合も多々あるかもしれませんが、こういう残念な脳みその構造のひともいるのだなあと合点していただければ幸いです。

サイト構築にはwordpressを使用しています。レスポンシヴデザインにつき、解像度を問いませんが、お使いのブラウザにより表示が崩れてしまう場合がありますことをどうぞご了承ください。

このサイトについて2

迷走を続けているこのサイトですが、このたび、音楽サイトから「キャンピングカーで暮らす」という趣旨のサイトにあいなりました。その経緯はこちらのエントリーを見ていただければ。

というわけで、このサイトは思わずいろんな意味でフリーな生活を余儀なくされた僕が、定住せずにキャンピングカーで仕事しながら生活できるかどうかという、遊牧民的、もしくは誰かに聞かれたら怒られる系の日々をつづっていくサイトです。ノマドワーキングが叫ばれる昨今、本当の意味での「定住しない暮らし」がうまくいくかどうかはわかりませんが、これを見た人のなにか助けになったり、こういうひともいるのだなあと心の支えになったりすれば幸いでございます。それでは。

スポンサーリンク
スポンサードリンク