岩手県一ノ関市にて

一ノ関市のネットカフェで朝を迎える。出先でのネットカフェ宿泊は結構好きな部類ではあるが、なんか心細い感じだ。キャンピングかーが修理上がってないからか。心もとない感じ。

というわけで所用にかかる前に修理工場へ寄ったところ、だめになったクラッチディスクを見せてくれた。画像にある丸いディスクが、今回ダメになったクラッチディスク。

クラッチディスクは高回転して摩擦しながら、エンジンとギアを噛み合わせる役割なので、負担がかかりすぎると削れてくとのこと。見てみると、通常の1/2の薄さまで減っている。これではディスクを噛むことができない。おつかれさまと一言かける。

修理工場のおじいちゃんは、とても信頼できる感じだった。明日の15時までには終わらせる、と笑顔で答えてくれ、安心して修理工場をあとにすることができた。でも明日かー。明日こそ東京に帰らねば…!

一ノ関駅にて。そうそう、この感じ。次の電車まで45分。電車は基本1時間に1本あればいいほう。東京にしばらくすんでいるとこの感覚を忘れてしまうね。地元の金沢でもこんな感じだったなと、もて余した時間を慈しむ。

おつとめ品でこんなものを見つける。これはなかなか嬉しい。タラの芽の天ぷらと、ナノハナの辛子和え。

一ノ関の町を歩き、今夜の宿のネットカフェへ向かう。今日はちょっと急ぎの仕事があり、デスクトップPCを使えるのはありがたい。でもキャンピングカー生活に戻ったらノートで全部済ませなくてはなのだなあ。必要があるときは寝カフェにいくというスタイルもいいのかもしれない。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク